成功者はラーメン

人気記事ランキング

ホーム > 葉酸サプリ > 葉酸には不妊体質の改善にも効果がある?

葉酸には不妊体質の改善にも効果がある?

妊娠ひと月前から妊娠初期段階の妊婦において最も大切な栄養素が葉酸だという事をご存知ですか?胎内で元気な赤ちゃんを健やかに育てるために、サプリなど、お手軽に葉酸が取れる方法を活用しながら、十分に葉酸を摂取するように心がけてください。

 

ところで、理想的な葉酸の摂取量はどれほどなのでしょうか。厚生労働省の発表によりますと1日あたり葉酸0.4mgです。

 

さらにこれを毎日摂取する必要があるのです。野菜だけで十分に摂取できるかというと、葉酸不足の心配もあります。ですので葉酸サプリを利用することをお勧めします。

 

葉酸は妊娠初期の細胞分裂を促進させ、造血に必須の栄養素です。

 

これは不妊体質の改善にも効果があり、子宮に受精卵が着床するのをサポートするので妊娠確率が上がるため、産前・産後の両方に役立つとして注目されています。

 

それに、血液が増えると酸素や栄養も運ばれやすくなり、ホルモン、代謝、生殖機能といった広い範囲で向上が見られ、不妊状態を改善するのにとても有効なのです。

 

葉酸とは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで、ほうれん草あるいはブロッコリーなどに含まれている事で有名ですね。

 

妊娠初期の妊婦にとって、葉酸は大変重要な役割をもっている栄養素です。流産や赤ちゃんの先天異常といったリスクを下げてくれるとの研究成果が出ています。厚生労働省が推奨するように、妊娠の初期の段階で葉酸の摂取を1日に400μg摂ることを勧告しています。

 

手軽に摂るならば葉酸のサプリメントで不足分を補給しても良いと思います。

 

ポリグルタミン酸の葉酸はNG!葉酸サプリはグルタミン酸型を選べ!